こんなことがお悩みではありませんか?

多くの企業がマイナンバーセキュリティ対策の必要性を感じていますが、どのように、どこまでシステムでの対策をすべきか戸惑っています。
ガイドライン要求事項に対応し、強力なセキュリティ性を提供しながら、マイナンバー関連の全体業務プロセスを管理できる、
そして安価での導入まで実現できる製品を探すことは困難です。

ガイドライン要件

ガイドライン要件に対応した
セキュリティ対策方法に関するお悩み

ライフサイクル

マイナンバー管理と
業務プロセス策定に関するお悩み
個人支払先のマイナンバー収集に関するお悩み

企業のお悩み≫
費用削減

システム導入費用に関するお悩み

D’s Guardianは、この全てのお悩みを解消できる
統合マイナンバーセキュリティソリューションです。

D’s Guardianは、マイナンバーの収集、保管、利用、廃棄までの全てのライフルサイクルを安全に管理することができます。
業務プロセスに必要なコンポーネントが全て揃っているため、1つのシステムで手軽に管理することができ、導入費用の削減も可能となります。

セキュリティ性

セキュリティ性

ガイドライン要件を遵守できる強力なセキュリティ対策
• マイナンバーを暗号化し、独立したサーバーに保管
• D’s Guardianの導入のみで、ガイドラインのすべての要件に対応
• マイナンバーの移動経路を End-to-End 保護

セキュリティ性≫
便利性

利便性

便利で安全なマイナンバーライフルサイクル管理
• 導入に伴う既存システムの変更等は一切不要
• マイナンバーのライフサイクル(収集、保管、利用、廃棄)を一元管理
• 冗長化構成により、障害対策にも万全!
• 個人支払先に対するマイナンバー収集も簡単!

利便性≫
メンテナンス費用削減

費用削減

導入は簡単、メンテナンス費用も削減できる All-in-oneアプライアンス!
• All-in-oneアプライアンスタイプで、別途装置は不要
• マイナンバーを保護するためのセキュリティ機能を標準搭載!
• メンテナンス費用削減

費用削減≫

D‘s Guardian 構成と関連業務プロセス

導入事例

株式会社文化堂 さま
首都圏を中心に地域密着型のスーパーマーケットチェーンを展開する株式会社文化堂。
マイナンバー制度スタートに伴い、従業員やその扶養家族の個人番号の収集・管理をどう行うか対応を
検討していた同社が選んだのが、セキュリティアプライアンスサーバー「D’s Guardian」だ。その魅力を聞いた。

詳細を見る